オールインワン美容液の浸透力

オールインワン美容液の浸透力を実感してみよう

オールインワン美容液の浸透力

オールインワン美容液の浸透力

自分で買い求めたオールインワン美容液。

使い続けていくと、ふと疑問になる事はありませんか?これは肌のどこまで浸透しているのかと。

おそらく男性の方でも「角質層(角層)」と聞いたことがあるかもしれません。

一体、どんなものなのか詳しく説明出来るのは、美容関係の仕事をしている方だけでしょうか。

角質層とは、肌の表面にある細胞の死んだもので出来ているものが角質層と呼ばれているものです。

角質層は、肌に触れるもの全てのものから体を守ってくれていて、内部の水分が蒸発しないようにバリアしてくれています。

オールインワン美容液を含む各化粧品メーカーの基礎化粧品は、肌に浸透させる分子が大きいため、角質層までしか浸透できません。

テレビのCMでもよく見てみると、「角層までの浸透」と小さい文字で表記してあります。

それは角質層のバリア機能があるからなのです。

でもそのバリア機能が健康でないと、肌に悪影響を及ぼして乾燥してボロボロになってしまって、外からの刺激に過敏に反応してしまいます。

そうならないためにも、オールインワン美容液や基礎化粧品を使い続けて、肌を健康状態にしていく必要があるんです。

生まれ変わる肌の細胞と死んでしまった細胞

角質層の下には、表皮と呼ばれる死んだ細胞の集まりの角質層の逆の生きた細胞・細胞が生まれてくる層があります。

その表皮の一番下に基底層と呼ばれるそうがありますが、その基底層は細胞が生まれる工場的な役割を果たしています。

基底層から細胞が生まれ、上へ上へと細胞が押し上げられて、死んでしまった細胞が角質層となり私たちの肌を守ってくれているのです。

その角質層を守るのは、オールインワン美容液や基礎化粧品を肌に塗る私たちです。

肌は、お手入れをし続ければ必ず答えを出してくれます。

朝、忙しくてお手入れはほどほどにしたのであれば、夜にじっくりと向き合ってあげてください。

良くも悪くも肌の状態を感じ取れるのは、自分なのですから。

私は子育てをしているので、肌に手をかける時間ははっきり言ってありません。

だからオールインワン美容液なのです。

オールインワン美容液のランキング

夜寝かしつけた後に、オールインワン美容液でお手入れをします。

だって、肌がボロボロのママで居たくないです。

子供が自慢できるママで居たいですから。